アウトドアってなんだ

アウトドアってなんだ

アウトドアと聞いて思い浮かべること、キャンプや登山、自転車、旅などいろいろあると思う。どれも活動的で何やらかっこいい響きがあるが、そもそもどういうことなんだろう。アウトドアを辞書で調べれば「屋外」、「野外」つまり外で行うこと全般を示している。

 

日本には四季があり季節の訪れと共に、アウトドアを彩る景色は変わっていく。
身体に感じる気温で。咲く花で。釣れる魚で。見える星で。取れる作物で。蚕で。蜂で。

それぞれがそれぞれの視点でアウトドアから季節を、自然を感じている。

アウトドアは日常にある。

 

 

アウトドアは挑戦だ。
自然が作った世界は冒険になる。人間の限界を教えてくれる。
自然、生き物との関わりは、けして思い通りにはいかない。
アウトドアは謙虚な気持ちを教えてくれる。

アウトドアは恵みだ。
野菜は大地のエネルギーを私たちに。魚も海、川の恵みだ。
着ているものも綿は綿花、絹は蚕がもたらしてくれる。
そして、アウトドアがもたらす景色や匂いは豊かな気持ちを、安らぎを与えてくれる。

アウトドアは脅威だ。
自然が起こす地震や台風、豪雨、豪雪、火事、噴火。
人間にはけして太刀打ちできない力で、大きな損害を与えることもある。

 

 

挑戦の対象であり、恵みの象徴であり、天災を起こす脅威でもある。

 

 

自然に生きること。自然と生きること。
自然と遊び、自然から学ぶ。
それが生活を豊かにしていくのでは ないだろうか。
それがアウトドアなのでは ないだろうか。

7人それぞれの生活から、それぞれの視点、フィルターを通してゆるくアウトドアなことを書いていけたらと思う。

 

 

アウトドアって書きすぎてゲシュタルト崩壊。
最初だけちょっと固めに真面目に書いてみたよ。

と、ここまで書きながらもアウトドアありきのインドアもあり。
バランスだよね。

おしまい

 

3 いいね!
読み込み中...