うなぎ釣りから川を見る

うなぎ釣りから川を見る

うなぎについて書いてたら、おもわず長くなってしまった・・・
文章長いぞ!


 

桜が咲き始め春がやってきた。
日中はポカポカと気温が上がり、生き物の気配をおぼろげに感じ始める。
個人的に一番好きな季節の到来だ。

となると気になるのは川の様子。
ライフワークのうなぎ釣りと、ジョブとしてのリバーガイド。
川の様子を知るという事は、どちらにとっても重要なことなのだ。

うなぎ釣りを通して川を見れば、水の流れの穏やかな”淵”に注目し、うなぎの住みやすそうな場所、水温、水質などを考える。
片や、ラフティングなどの川下りを通して川を見れば、水の流れの強い”瀬”に注目し、岩、ホール、エディ(反転流)などについて考える。

どの視点から川を見るかで得られる情報は変わってくる。

4月初旬、時期早々とは思いつつ、うなぎ釣りに行くことにした。
去年何度か釣りをした場所に行こうと思ったが、河川工事が行われ、様子や地形が変わってしまっている。大雨や台風による川の氾濫や決壊、災害対策として河川の工事が重要なのはわかっているが、川に人の手が入ると、その周りに住む生き物たちが一気に減少してしまう。
昨今、うなぎが減っているなんてニュースでやっているが、シラスウナギの捕獲量の問題や大量消費、うなぎの住む場所が減っている事、海産資源としての価値の高騰、エルニーニョなど多くの要因があり、原因は一概には言えないと思う。

うなぎが減っているから食べない。釣りをしない。
そんな思考停止はナンセンスだ。
うなぎを通して川を知り、自分で考える。
そして釣ったのなら美味しく食べる。
それが重要だと思っている。

気を付けているのは、産卵で海に下るであろう秋には釣らない。
そして釣り過ぎないこと。(と言っても釣り過ぎというほど釣れないのだけど)
これからも上手にうなぎと付き合っていきたいからこそ、うなぎが釣りたいのだ。

話を戻して釣りへ。
河川工事の入った場所の様子を確認しつつ、うなぎが潜んでいそうな場所をまた新しく探す。

下流に良さげなポイントを発見し、ミミズを付けた竿を並べた。

うなぎが一番釣れる日没前後。
夕焼けを見ながら竿先を眺める。
この時間というのが至福なのだ。

釣りを開始して一時間。竿に反応は無い。

あまりにも反応が無いので周辺を散策してみると、テトラ下に沢山のテナガエビがいた。
魚も釣れないし、次はこれを捕って、からあげにしようかな。

などと思っていたら、左から二番目の一番長い竿に何やら反応あり。
ピクンピクンと竿先が揺れている。

これは!
と思い、急いで竿まで戻りグッと合わせると、小さいが確かに糸先に何かがついているのを感じる。
やはり釣りはこの瞬間がたまらない。

15cmほどのギギだった。

釣りあげるとギーギー鳴くのでギギ。
ヒレにはトゲがあるが、小型ナマズのようで可愛いやつ。

今年川で釣った初めての魚。
これで川での釣りも始まったなぁなんて感慨深く思っていると、次は別の竿にも当たりが。

竿が大きく曲がり大物を予感させる。

こちらも負けじとグイっと大きく合わせると

お、重い、、、

これはうなぎでは無い。
それはすぐに分かった。
この重さ、すっぽんか?とも思ったが、たまに首を横に振るような動きを感じる。
すっぽんでも無いのか。

グイグイとリールを巻いて、重たい何かを引き寄せる。

白い魚影が見え、水面からナマズが現れた。
約50cmのなかなかのサイズ。
お腹パンパンのメス。

産卵期にしては時期が早いので、例年より水温が高いのかもしれないな。そんな事を考えると、うなぎが釣れる可能性が増した気がした。

しかし、このあとさらにギギとナマズが釣れたが、うなぎは釣れなかった。
やっぱりまだ時期的に早いのだろうか。でも楽しい時間だった。

ギギとナマズとテナガエビ。
鯉が泳ぎ、すっぽんが呼吸をしに水面に出てくる様子も見れた。川の生き物たちが動き始めている。そうわかっただけで大満足だった。

これからの季節、仕事でも遊びでも川には大変お世話になる。川から得られる情報をしっかり見極め、楽しく安全に関わっていこう。

これからも、川と変わ らない関係を。

なんてね。

おしまい


そんな文章を書いた翌々日、
懲りずに同じ場所へ釣りに行ったらうなぎ釣れました。
小さいのでリリースしたけど、とりあえず今年もうなぎの姿が見れたので満足。
わーい!

 

11 いいね!
読み込み中...

じゅんやカテゴリの最新記事