たかが登山されど登山

たかが登山されど登山

人はなぜ山に登るのか?

「そこに、山があるからだ」

これは、ジョージ・マロリーの有名な言葉だ。

マロリーの言う「山」はエベレストのことだろう。

 

では私は、なぜ山に登るのだろうか。

私が初めて本格的な登山を始めたの常念岳に登った時だった。

何となく思い返してみるとその時は「つまらない日常から逃げたい…」そんな気持ちが強かった。

ただただ同じことを繰り返す日々からなんとか抜け出したいと。

常念岳の山行で味わった非日常。ただ山にいるだけなのに生きてると実感できるあの感覚。

私の荒んでいた気持ちがさっと晴れたようだった。

そして、私はその非日常に魅せられてしまった。

傍からみればたかが登山だが、私にとってはされど登山だったのだ。

私が山に登る理由はそれかもしれない。

常念乗越より初めて見た槍ヶ岳(中央のピーク)
常念山頂にて

 

 

 

9 いいね!
読み込み中...