ゲンゲの中で転がるために。

ゲンゲの中で転がるために。

家から五分の散歩道。
冬の間は休んでいる田んぼに一面のゲンゲ(レンゲソウ)

あのゲンゲの中でゴロゴロしたい。と思っていたが
さすがに勝手に入るわけにはいかないので、通るたびに持ち主がいないか探してた。

おそらく今日あたりに田起こしするのでは?と思ったその日、その日は何度も田んぼへ散歩に出かけた。

昼過ぎになって、トラクターと共におっちゃん現る。

さっそく転がり許可と撮影許可を貰いに。

「これから刈っちまうけどええぞ。
もっと早く言ってくれれば好きなだけやらせてやったのに。
来年はたくさん撮ってくれ。」

とのお言葉。ありがたい。

 

さっそく転がりました。ふかふか。

田起こしすれば、土から出てくる虫を求めて鳥もやってくる。
今回見たのは鳩、カラス、ハクセキレイ、ツグミかな。

レンゾソウは緑肥となって土に栄養を。

桜も河川敷に植えることで、見物客を増やして地盤を固める効果があったとか。
夏のひまわりも、鑑賞するだけじゃなくてレンゲソウと同じように緑肥となり、種子は油や、メジャーリーガー御用達のお菓子へとなる。

どれもなんだかんだで意味がある。

ゲンゲの中で転がるだけで終わった意味のない一日。
最高の一日じゃないか。

 

おしまい

 

13 いいね!
読み込み中...

じゅんやカテゴリの最新記事