還暦を過ぎた元バックパッカーと出会って

還暦を過ぎた元バックパッカーと出会って

自転車世界一周していたときの話になる。

中米べリーズの楽園キーカーカー島で1970年代に世界を放浪していたという旅人に会った。あの頃の日本は弱かった。外貨の持ち出しにも制限があった。それでも、シベリア鉄道は前払いが可能だったので、現金が乏しくてもヨーロッパまでは行くことができた。そこから彼は数年間、世界を旅していたらしい。お金が足りなくなったら、レストランで皿洗いや道端でアクセサリーを売っていたそうで。

旅してたときのことを聞くと、エジプトのナセル、スペインのフランコ、エチオピアのハイレ・セラシエと教科書に出てきた人物が大活躍。チェコ、ハンガリー、ポーランドといった東欧諸国に存在した強制両替の制度に時代を感じた。だが「ピレネー山脈を超えたスペイン・ポルトガルは西欧ではなかった」「ケニアの首都ナイロビにそびえ立つ高層ビルに感動した」という辺りは今も変わっていない。「アフリカではブルース・リーが流行っていてチン、チョンと言われては喧嘩沙汰になりそうだった」という話に「私も喧嘩しましたよ、あいつら昔からなんですね」と相槌を打つ。旅に出る前までは学生運動の影響もあって左的な思想だったが、海外に出て世界を知って日本が好きになったと話していた。

「おやじさんが倒れた」というニュースで旅を終えたのがニュージーランドだった。日本へ帰るのだが「東南アジア経由したので1ヶ月ほどかかった」と訳の分からぬ事を言っていた。彼も彼だがオヤジさんもオヤジさんだった。倒れたのは嘘で、帰国したらピンピンしていたそうで。

それでも28歳で就職を果たす。帰国をしてから、旅の前に喫茶店でアルバイトしていた頃の同僚と再会して恋愛関係に。プロポーズの際には「今まで自由に旅をしてきたから、これかは家庭を築いていく」と彼女の目の前でパスポートを破りさる。一度転職はあったが定年まで務め上げ、子どもも一人前に育て上げた。定年退職した今では、人並みほどに年金も出るそうで。ひと仕事やり遂げて、今はのんびりとした旅をしていた。

彼も若い頃は旅ばかりしていた。レールから外れた人生だった。それにも関わらず、彼は旅を終えた後にそれなりにレールに乗った人生を送っていた。そんな生き方がうらやましかった。どうしても自分の旅の後を重ねてしまう。自分も旅を終えたら同じように普通にできると思っていた。

 

3 いいね!
読み込み中...