ホオズキ栽培もいよいよ大詰め

ホオズキ栽培もいよいよ大詰め

全国的には梅雨入りしたようですが九州北部はいまだに梅雨入り宣言されていません。えぇ、だって毎日天気良いんだもの。1週間に1回降ればよいかなって感じでは梅雨入りとは言えんもんねぇ。

作業の合間によその農家さんの手伝いに行ってバイトしてます。先日バイトに行った地区では川から田んぼに水を引いているんだけど雨が降らないから川の水が全然無いの。だから田んぼに水が引けなくて田植えができないのですよ。この時期に田植えをするつもりで苗を仕立てる準備をしてるんだけど、いつまでも植えないでいると苗が病気になってしまうので「今年は諦めた」って言ってたっけ。

このブログを書いてる間に天気予報で「まとまった雨が降る」と言われていた雨が降ったのですが川の水はチョロチョロ…厳しいなぁ。

農業用水が整備されている地区では水の心配なんて全然しなくて良いので普通に田植えされていますが地震の影響で用水路の復旧を待つ地域では相変わらず田植えは出来ず畑として転用してるのが現状です。

さて、本業のホオズキの方はと言いますと先日の「芯止め」で実の方も大きくなって参りました!

この実に色付けをするためにアセチレン処理をします。よく果物を追熟するためにリンゴを同じ袋に入れておくとリンゴから出るアセチレンで追熟が進むって聞いたことないですか?それと同じことをします。ホオズキの先生からは「一番重要な仕事だからな」って念押しされて作業のやり方を教えてもらいます。さぁ、これが終われば一安心!あと2週間で立派に色付いてちょうだいよ〜!

作業がひと段落したら休みましょう、南阿蘇村にある「そば道場」に行ってきました。ここは南阿蘇村産のそば粉を使用して打ったそばを出してくれるお店で蕎麦好きの間で評判のお店。

贅沢にも十割蕎麦を頼んでしまいました。阿蘇山を眺めながら食べる蕎麦は絶品ですね。

このあとは友達からもらった温泉券でひとっ風呂浴びてから帰りましたとさ。

 

3 いいね!
読み込み中...