いろいろあった1週間

いろいろあった1週間

今週は(今週も?)記憶があいまいだ。
勤務時間が毎日違い、休みも一定しないと
なんだかいつを生きているのかよく分からなくなる。
まあ、ちゃんと生きてはいるのだけれど。

なんとか記憶を思い起こしてみると、いろいろやってた。
まずは佐鳴湖(浜松市内にある池ほどの湖。汽水湖だったかな・・?)
でのテナガエビ釣り。
これはなかなか楽しかった。
ザリガニ釣りの要領でけっこう釣れる(合わせが少し難しいけど)。
しかも釣れたエビがなかなか旨い。これは楽しい遊びを一つ覚えた。
そして、息子の幼稚園で「お父さんとあそぼう!」(父の日企画ですね)
まあ、息子とは普段からよく遊んでいるのでいまさらではあるのだが、
さすが幼稚園、遊びの種類が豊富で参考になりました。
さらに週末は知多半島へ日帰り旅行。
息子用にはセントレア(中部国際空港)、大人用には常滑の街散策。
常滑というところは小高い丘のような場所に
焼き物の窯がいくつも集まっていて、
しかもそれらが迷路のような道でつながっていて、かなり面白い街。
焼き物自体もじっくり味わえば、陶芸家の土の活かし方や焼き方、
そして色の付け方など、要は土や火や空気などをどう捉えるか、
といった作家の自然観のようなものが垣間見られて楽しいです。

そんなこんなで1週間が過ぎました。
すこし生活も安定し、元気が出てきたかなあ。
そういえば育てていたジャガイモが収穫できました。
住んでいる三方原台地はジャガイモの産地なのです。

(写真がまったくなくて申し訳ない…)

 

4 いいね!
読み込み中...