道草を食べるのが上手い人になりたいの。

道草を食べるのが上手い人になりたいの。

「道草を食う」
目的から逸れて別のことをする事

本来はあまりいい意味では使われない言葉だが
俺は道草の食べ方がうまい人に憧れる。
この草はおひたしにするとうまいんだよね。
こっちは天ぷら。

道ばたに潜む何気ない事柄を上手に料理して美味しく食べる人。
もしくは美味しく料理してくれるそんな人。
ここのブログに書いてくれている人はみんな道草が上手い。

美味しい道草の見つけ方、料理の仕方でその人の深みを知れる気がする。
道草が生えてるのに気がつかない人もいるし、どんな道草もマヨネーズで食べちゃう人もいる。
テレビで紹介された食べ方しかしない人。

なんかつまんない。

かと言って道草を時間をかけてお洒落にフレンチにされたってめんどくさい。でも、さらっとインドネシア風になんてされたらなんかカッコいい。
自分の好きな道草の食べ方が無いのはちょっと寂しい。
でも、その道草の食べ方が必ずしも好かれるとは限らない。

道草を美味しく食べたり、食べてもらうって難しい。

なんか楽しそうに暮らしてるな、とか、面白いなと思う人は道草の食べ方がうまい人が多い。
それぞれが独特な味だけどどれも美味しくて毎回勉強させられる。
それにどんな料理に仕立ててもそれなりに食べてくれる。
消化する能力が高いってのも才能だと思う。

でも道草ばかり食べて本来の食事が食べれなくなるのも考えもの。
俺もほどほどにしなくちゃなぁ。

 

 

 

最近の道草は
網戸の張替えによって生じた網戸の切れ端で網戸スクリーン印刷をしてみたり
右が網戸、左はシルク

 

 

 

真鍮の板で姪っ子の名前をエッチングかけてみたり

 

 

真鍮で焼き印を作ろうと真鍮ブロックも仕入れてしまった。

 

 

木の端材で電車作ったりもしたなぁ。。。

 

やりたいことが多くても、結局やらないことも多い。
でも、あれやったらきっと楽しいだろうなぁって思う時間も、楽しい時間の一部。

ほら、本だって買って本棚に並べると満足しちゃうみたいな。
そのうち読もう。でも、読まない。
プラモデルも買ったら結構満足しちゃう。

楽しい事を溜めておく「楽しいもの貯蓄」が楽しい。

さて、次は何をしようかな。
考えるだけでワクワクそわそわ。
あー、これだけでおなか一杯になりそう。

おしまい

 

5 いいね!
読み込み中...