旅する気象予報士です。(元)

旅する気象予報士です。(元)

みなさまこんにちは。
元旅する気象予報士のじゃみです。よろしくお願いします。
最近ではすっかり怠けておりまして旅という旅もしておりません(泣

じゅんや氏とは毎年青森ねぶたキャンプ場で一緒にダラダラしている仲で、今回縁あって投稿の機会をいただきました。
じゅんや氏のことはタイソンと呼んでいるので、文中でそう呼ぶことがあったら脳内変換してください(^―^)

もうすぐ青森ねぶた祭りの季節です。


毎年8月2〜7日に開催され、期間中は青森市が血税を投じて無料のキャンプ場「サマーキャンプ場」を設置してくれています。
設置された経緯は省略しますが、この季節になると全国から旅人が集まってくる、私が一番好きなキャンプ場です。


なんとなく近くにテントを張った人たちが仲良くなってグループができて、世代交代しながらも存続している、そんなグループがたくさんあって、私とタイソンもそのたくさんある中のある一つのグループにいます。ねぶたに跳ねに行くのが目的だったのがいつしか仲間に会いに行くのが目的に変わっていって、今ではねぶたに行ったものの跳ねない日もあったりして。
毎年初めて会う日は1年ぶりのはずなのに、昨日も一緒にいたような錯覚に陥る不思議な仲間たちです。

「ねぶた」と聞くと「青森だから涼しい」というイメージがあるかもしれませんが、年によっては熱中症の人が何人も出てキャンプ場に救急車が頻繁に出入りしたり、かと思えば日中でも15度くらいで寒くて凍える毎日を送る年もあったり。
雨が降れば、バイク乗りたちは温泉に入った後に合羽を着て帰ってこなければなりませんし、大雨になればキャンプ場が沼地になってテントが水没することもあります。

ねぶたの青森サマーキャンプ場にとって天気予報は大事な要素だと個人的に思っています。
キャンプ場の自分の周りの仲間たちには前々から個人的にピンポイント天気予報をしていたのですが、去年からはFacebookでねぶたの季節だけ青森の天気予報を公開することにしました。

今年の夏はオホーツク海高気圧が優勢で、青森はどちらかというと曇りがちで寒く感じる日が多い夏になりそうです。ねぶたは前半しか参加できませんが、少し前から「じゃみ天」を投稿する予定ですので、天気予報をうまく活用して、祭りを楽しんでいただければ幸いです。

 

6 いいね!
読み込み中...