夏は野菜がたくさんたべれて嬉しいな。

夏は野菜がたくさんたべれて嬉しいな。

ちまたでは、日照不足だ、やれ野菜の高騰だといわれておりますが

うちの父の畑には夏野菜がたくさんなりはじめているようです。

B28348F5-9C00-4B56-89B4-AF9D0B716D32

と言いますか、父の畑が特別というわけではなく。

畑のあるお家ならどこにいっても、畑にはきゅうり、トマト、ナスは定番で

今の時期は台所とか車庫には、新じゃがが段ボールにジャガジャガしているのではないでしょうか。

夏になると、きゅうり、トマト、ナスの三兄弟は、知り合い近所のお家をぐるぐる回るのだ。

先日親戚のお家にお呼ばれした際、きゅうりとトマト、ナス、もしよければ持ってくよ??と

聞いてみる。この言葉はいろんなニュアンスを持ちます。

 

1、もしかして、畑持ってます?持ってるのならいらないよね?

2、畑がなかったとしても、もしかして、親戚にたくさん作る人がいて、困ってないとか?

3、もしかして、近所からよくもらうとか?

 

相手の返事によって

それが遠慮からきてるものか、それとも本当にいらないのか?を見極めるというものである、

なんだか気を使って、遠慮して、「大丈夫!」といってくるのではないか?

そんなお気使いはしなくてもいいんです!だって、生えてるやつ持ってくだけなんですから!

そんな気持ちを前面に出しすぎると、余計に相手に気を使わせてしまうから

これからは気をつけようと思う。

あともう一つ・・・じゃあ全部持ってきてね。という答えを、本人から直接聞くのではなく

間接的に聞いたりすると、そこの微妙なニュアンスを察知するアンテナが鈍るのである。

間接的にではあるが、欲しいといってくれたことに私ときたら

ちょっと人に頼られるって悪くない。なんかお役に立てた!という喜びを感じてしまってしまったのでした。

・・人の役に立つことに人は喜びを感じるのである。

 

何か自分がやっていること、やろうとしていることが

何かの形で、誰かの幸せに繋がりたい。そう思っている。

でも忘れてはいけない、喜んでいるのは私自身であることを。

自分で自分のやってることに自分が喜んでいる。

やりすぎは良くない、こういうのをなんというんだっけな?

 

・・たくさんのきゅうりとなすとトマトを持参して、招かれたお宅へ伺うと

家の敷地の奥にはちゃんとしっかり畑があり、台所にはジャガイモがジャガジャガして、、

そうなのです、逆に気を使わせてしまうということもあるのです。

 

田舎の夏の野菜事情でした。

 

 

 

5 いいね!
読み込み中...