アーモ ブラジル

アーモ ブラジル

愛してる ブラジル💛

今回が最後の投稿となりました。よくわからんタイトルで始まるが今回は少し仕事が絡んだ話です。

今年の4月に約2週間(現地滞在は9日)出張でブラジルに行っていた。何のためかというと会社の15周年のメインイベントのため。パンタナール大湿原への渡航。日本ではあまり馴染みのない場所。

10周年は別のスタッフがアマゾンに行き大アマゾン展を実施した。南米ブラジル=アマゾンこんなイメージが一般的であることは間違いない。

南米大陸にはアマゾン以外にも生物の楽園(パンタナール)があり、それを伝えるための任務を背負い旅立った。

こんな短期間で見知らぬ土地に行っても何ができるのか?おそらくツアーか何かに参加しないと…無理。詳細は書かないけどなんやかんやあり、ブラジルの魚類調査をする外国人にくっついてパンタナールの一部を調査できた。しかも、調査なので普通の人ができないこともできた。入れないとこも入れた。貴重な経験ができた。

僕自身は20年ぶりのブラジル。20年前は約半年間ブラジルで遊んでいた。だから今回のブラジル出張は願ったり叶ったりのところもあり、何となくポルトガル語の単語は覚えているし何とかなる感覚があった。心配だったのは英語。現地で合流するメンバーはブラジル人、カナダ人、コスタリカ人で基本的には英語で会話をすると聞いていたからだ。結果としては、片言の英語とポルトガル語でなんとか会話もでき、みんなと仲良くなれた。海外にも新たに友達ができた!

 

もちろん会話だけでなくネタもいくつか仕込み、笑いをとりつつなんだけどね。

 

少しだけ現地のことも紹介しておこうかな。

今回訪れたのは南パンタナールにあるプラタ川。

ここは湧水はバンバン湧き出るめちゃくちゃキレイな川。透明度も高く魚種も豊富で生息数も半端ない。長良川をはるかに凌ぐ川だった。

この出張の前半はワニやアナコンダやオオカワウソ、アメリカバクなどに出会えて順調だったけど後半は知りツボミ。ネタになるようなトラブルにも巻き込まれず。

 

まぁとにかく帰国してから企画展を作り上げるまでハードワーク!

第1章と第2章に分け来年の4月まで!!開催。

第1章はとりあえず見てきたもの感じたことを可能な限り忠実に再現し、皆さんにお伝えしています。

僕の仕事はこんな感じです。

 

最後までよくわからん投稿を続けてきて、これを読んでくれる人がいて本当にありがたい。感謝。

ボブに紹介してもらい書き続け、ほかの曜日に投稿しているメンバーともうっすらではあるが繋がった。どこかで出合える気もしている。コレをきっかっけに新しい輪が広がったいいな~!!

最後までぶっ飛んだよくわからん投稿ですみません。

本当にありがとうざいました。オブリガード!チャオ!!

 

2 いいね!
読み込み中...