屋久島 豪雨の記録 7 {ツアー出発}

5月18日朝。

登山口にはガイド仲間や登山者が多くおり、自分を含め雨を覚悟して新しい雨具を下ろした者が複数名、一緒に写真を撮ったり和気あいあいとお客様の準備を待った。
雨も大した事は無く、普通に、さほど珍しくは無い雨の登山の一日の始まりだった。

6時半ごろ荒川登山口を出発。10分も進んだ所で、先輩ガイドO氏が引き返してきた。

 

この人は大体他の人がツアー施行する日でもうまくお客様を説得してすぐにツアーを中止する。大事をとっているというより根本雨が嫌いな人なもので、この時も正直「ここまで来てやめるならホテルでやめろよ・・」と思ったのが正直なところだった。
引き返し地点の「水ポタ」では確かに既に「ポタ」ではなく「ボタ」も「ダボ」も通り過ぎて「ザバザバ」と、重みをもって水が降っていたが、傘を低く持ち頭で支えて通過。
朝一から「自衛隊の演習」を覚悟させて出発したお客様だ。今思い返せば だからこそ踵を返す選択肢はなかった。お客様の「覚悟」つまり「意思」を問う という行為はある意味主導権の一部を明け渡してしまっていたのかもしれない。

恐らくO氏はその日が厳しい気象となる事等はさほど言わずホテルを出、登山口出発後その場の条件を見て「帰りましょう」といい 登山慣れした感じの無い50代くらいのご夫婦二人のお客様はタクシー代を支払い下山した。
そのやり方は今回結果的に正しかった訳だ。まぁ、そんな風にツアーを催行して「こんな雨の日に行ってまで金が欲しかったのか!!」とお客様に罵倒された経験談を聞いた事もあるので今後そうするかと聞かれるとやはりそうは思えないのだが。

登山道上はなかなかの増水をしていた。

覚悟を持っているような事を言ったお客様もここまでの覚悟は無かったかもな、とは早速ちょっと思った。

登山道のこのエリアは左右二本の線路内に先シーズンから敷板が張られ、こういう雨の時にモロに川の状態となった所を歩く機会はぐんと減ったし、同じ水量でも足がつかる深さはかなり浅くなった。とはいえ朝からここまで水量が出た中を歩くのはそうはないレベルだった。

こんな雨が降る様な雨雲はレーダーで映ってなかったと思うけど・・まぁここまで増水させる程の雨と言っても{台風が直撃でもしてない限り}経験則では大体数十分~1時間、長く続いて最大三時間といったところで今だけの事。そう思っていたら、実際8時前くらいからは大した雨ではなくなった記憶がある。

ただ、また再度雨が降り始めたのは昼過ぎからだったろうか。
その降り様、もとい降り続け様は徐々に自分の経験則から離れていった。

レイチェル、大衆演劇を語るの巻

現在うちには

第4令となるカイコがおります。

小石丸という原種の蚕。元ブログ仲間の仙台のRINちゃんが

繋げてくれたご縁で我が家にやってまいりました。

第4令ともなると食欲が半端なく桑の葉をせっせと取りに行く毎日でございます。

通りすがりの車の人たちはきっと怪しいやつだと思っているに違いありません。

先日友人に誘われ近くのラドン温泉に大衆演劇を観に行ってきた。

素晴らしかったのです。

芸能とは何ぞかを教わった気が致しました。

日々の稽古のひたむきな努力を指の先の先が語る。

どれだけまばらな客席であろうと、その表現の細部に至るまで手抜きなどしない。

その姿勢に尊敬の念を抱いた。今日の私は真面目である。

彼らを真面目に語らなければ失礼だと思った。

たかがと思う人も多いかもしれない、されど大衆演劇だ。

その歴史は古くもはや国宝級伝統芸能だと私は思った。

大衆演劇を笑うものに芸術の何ぞを語って欲しくはない。と強く思う。

いつも思うのです。

名も知れぬ人々の、その人が一つずつ人生をかけて積み上げたものの

なんと美しく重厚であるか。当の本人がその価値を大それたこととせずしてさらっと生き抜くのだ。

それが名も知れぬ人々の、名の知れた人の太刀打ちできない凄み。

歴史に残るものだけが芸術なんかではないと私は思う。

今生きているリアル。人の心を和らげ、癒し、笑わせ、泣き、

観客の心に何かしらのさざ波を立てる。

それはしっかりと積み上げた努力が培った基礎の上でのみ可能なのだ。

今月末のファイナルステージを

私はきっと観に行くことだろう。

 

 

 

 

 

去年はあんなに獲れたのに

9月に入って中秋の名月、そして秋風を感じるようにもなった
よしよしこれでようやく過ごしやすくなるぞ、と思っていたところ
また猛烈に暑いではないか!
この暑さ、もうかんべん・・といよいよ泣きが入りそうである
ああ、こどもの頃の季節の移り変わりはいったいどこへ
あのころの季節感はもう、二度と味わうことはできないのだろうか・・

とはいえ、昨日も息子と川へ
現実はそれとして受け入れるしかないのだ
この日は夜勤なのでさすがに泳ぐことはせず
近くの沢で生き物探し

この沢は以前の仕事でもよく使わせていただいた
古き良き農村のなかを流れる沢
田んぼと畑が狭い谷間に広がって
まわりにはスギやヒノキの植林地、コナラの雑木林なんかが広がっている
そんな沢でこどもから大人20人近い人たちとアミを片手に水の中をガサガサやると
カニからエビからドジョウまで、たくさんの生き物たちに出会えたものだった

Exif_JPEG_PICTURE

なので、転職をした今年はこれがはじめての生き物探し
しかも息子と二人だけだ
去年と同じようにたくさん獲れるかなあと期待していたけれど
今回はモクズガニ、サワガニ、アブラハヤ、そしてシマエビと少々少な目だった
(途中でマムシにも遭遇!)

獲れたモクズガニ(息子は完全にビビッていた)

これぐらいの沢は一度の増水でずいぶんと流れが変わってしまうし、
いつもと若干時季がずれていたからかもしれないが
なんだか生き物の気配が少ないようにも感じた
そして別の川ではあんなにはしゃぐ息子も
この沢はまだなんだか怖かったらしい(狭くて日陰だったからかな・・)
しかもマムシも見ちゃったし

父としてはほかにもドジョウやヤゴやヨシノボリなんかを
捕まえて見せてやりたいところだったけど
去年までは大勢の人で探したからか
わたしと息子ではまだこんな程度かと
力不足を地味に実感しながら帰宅したのだった

こうしてモクズガニはけっこういる

ただ、一つの沢でハヤもドジョウもモクズガニもヨシノボリも
獲れる場所なんて、生き物探しには絶好の環境
川上の山や森が健全で、周囲の家や田畑が沢にそれほどインパクトを
与えていないからこそ、こうやってさまざまな生き物たちが
暮らすことができるのだろう
わたしはそういう暮らしをしていないが、古き良き日本の農村に感謝である

アウトドアと筋肉 前腕筋編

先週は眠気に勝てず、しれっと休みました。
すいません。

今週はしっかり書くぞ!と現在強い心で臨んでおります。

 

さて昨日まで行なわれていた筋肉の祭典Mr.OLYMPIA(ミスターオリンピア)をご覧頂いただろうか。身体を鍛えるフィットネスの世界チャンピオンを決める世界で一番大きな大会である。

最近はいろんな部門があるのだが、筋肉のデカさ、そしてキレを競うボディビル部門の優勝は下馬評通りブランドン・カリーであった。

これに関しては特に言うことはあるまい。

 

そして注目のイランからの刺客ハディ・チョーパンは素晴らしいコンディションで3位に食い込んだ。

ビザの関係で出場すら危ぶまれたこの32歳の怪物。
ロニー・コールマンのような盤石な絶対王者のいない現在のボディビル界なら、来年何かが起こるのではないかと期待させてくれるパフォーマンスであった。

 

 

と言うわけで、今日は「アウトドアと筋肉」について。

個人的にアウトドアに重要な筋肉とはどこかと考えた時に思い浮かんだのが前腕筋であった。
もちろんどんなアウトドアをするかで重要な筋肉は変わってくるのだが、何をするにも物を持ったり、握ったりする。つまり握る力(握力)を司る前腕の筋肉が大切だ、ということだ。

ロッククライミングで岩を掴むのに、カヌーのパドル、自転車のハンドルやブレーキ、ロープを握る。何をするにも握力があるにこしたことはない。日常生活でも瓶のフタを開けるのにも、りんごジュースが飲みたい時にも握力があるといい。

握力が70kgを超えるとリンゴが潰せる。コツとしてはまずリンゴを握る際に指を立てて食い込ませること。力を入れやすい親指から力を加えるとやりやすい。潰したりんごはしっかり食べよう。

 

筋肉には二種類ある。
瞬発力を生み出す速筋(白筋)と持久力がある遅筋(赤筋)である。
魚も白身か赤身でどんなタイプかわかる。ひたすら泳ぎ続ける回遊魚のマグロは赤い。

アウトドアではどちらが重要かと問われてもロッククライミングのように指の力で全体重を支えるようなときには速筋が重要になるし、自転車のようにハンドルを握り続け、ブレーキを強く握る動作を繰り返すようなアウトドアには遅筋が重要になる。
結局どちらも重要なのだ。

 

そんな前腕を鍛える筋トレ方法の説明をしようかと思ったが、ここで書き始めたら止まらなくなるので一つだけ。
テニスボールのような適度な硬さのボールをニギニギするのが手軽でいい。
瞬間的にグッと握れば速筋を、持続的にニギニギを繰り返せば遅筋を刺激することが可能だ。

 

筋肉は裏切らない。鍛えすぎるということもない。
さぁ、筋肉を鍛え野に山に出かけようではないか。

アウトドアは筋肉と共にあるのだ!

このアウトドアと筋肉シリーズがしばらく続く気がする。
お付き合いを。

国産の落花生

世間に出回っている落花生の殆どが中国産であることは皆さんもご存知だと思います。国産の割合は実に1割程度ではないでしょうか。千葉県などが有名な産地でお値段も結構しますよね。

実は村の特産品である唐芋なんですが、唐芋と落花生は相性が良くて唐芋を毎年同じ畑で栽培していると畑の具合が悪くなってきて良い芋がとれなくなります、そこで1年間は落花生を栽培すると畑の具合が良くなるので村では落花生の栽培風景も見られるのです。

そんな訳で今週は落花生の収穫のお手伝いに行って参りました。

 

<掘り出された落花生>

作業としては予め掘り出されている落花生を回収します。この状態ではまだ落花生の実が繋がっている状態です。

<一輪車で回収>

畑の中を一輪車で落花生を回収します。それを1箇所に集めてトラクターの後ろに付けた脱穀機のような機会に入れると落花生だけを取り出す事ができます。

<落花生の実を取り出している様子>

だいたい2000㎡の畑で軽トラック2台分の落花生が収穫できました。

これを炒ったりして袋詰めして直売所に販売します。お婆ちゃんの冬の間のお仕事になる訳です。

落花生なら重たい物を持たなくても良いし値段も良いですからね。

カザフスタン クライミングイベント前編

2019 INTERNATIONAL ROCK CLIMBING FESTIVAL

1st ASIAN ROCK CLIMBING CHAMPIONSHIP

各国の参加者たち

昨年に続き、日本山岳協会にて募集のあったクライミングイベントに参加をしてきた。今回は、最初から最後まで日本人1人だったので、全て自分で手配をした。隣に日本人がいれば何かあっても何とかなるだろうと思えるのだが、それもできないのでなかなか不安だった。正直、私は人見知りで声も小さく人前に出るのは苦手である。なぜ今このようなイベントに積極的に参加しているのかよく分からないが、山に関わることだけは、なぜか前向きになれるのである。それをうまく生かしていきたいものである。

【8月28日~29日】

開催地のアルマトイへはインチョン経由で行った。当日は、クライミング会場となるトゥユク・スまで移動する予定だったが、深夜の為一旦カザフスタン山岳連盟の事務所で仮眠を取った。明け方何やら犬の鳴き声が騒がしかったので起きてみると目の前に繋がれていない数匹の犬が横になっていた。犬は好きだが結構びっくりした。朝になると、カザフスタン山岳連盟のカズベックさんが来て下さり、今回のフェスティバルの概要や今後の展望を聞かせてくれた。カザフスタンの山岳パンフレットを見せてくれたので眺めていたら私の知り合いの日本人が載っていてとても驚いた。そのおかげで、盛り上がった話をすることができた。しばらくしてモンゴルから来た2名と合流しトゥユク・スへと向かった。参加者はそこにあるロッジに宿泊する。ロッジは、ヒーター&電源付きで昨年のヨセミテのテント生活に比べたらとても快適である。しかし、シャワーはここにもなかった。(結局帰国するまで一回もシャワーを浴びれなかった…)到着すると、私のクライミングパートナーをしてくれたKirillが出迎えてくれた。時間があったので、翌日から私たちが登る岩場を案内してくれた。岩場へは、ロッジから徒歩30分だ。アプローチも非常にいい岩場である。岩場に着くと、200mを越える見事な壁が目の前にそそり立っていた。

高さは約260m幅は300mほどのメインウォール

【8月30日】

この日は、オープニングセレモニーが実施された。今回はフェスティバルと合わせて、1st Asian Rock Climbing Championshipも開催されることになっていた。普段は、コンペなど大会にはほとんど参加しないが今回は思い切って参加することにした。ただ、現地であったばかりのパートナーとどれくらいのレベルで登れるのか、迷惑はかけないかなどいろいろと不安要素はあった。でも、折角一人で乗り込んだのだから全力で楽しもう!と独り言をつぶやいて気合を入れた。この日は選手権で使うエリアを自由に登ることができた。その為、Kirillと一緒に手ごろな6b+(7ピッチ)のルートを登ることになった。ここ2ヶ月リバーガイドの仕事が忙しく外の岩に登るのは久しぶりだったが、とても気持ちの良いクライミングができた。

彼のおかげで素晴らしい1週間を過ごすことになる

【8月31日】

朝起床すると、お腹の調子が悪かった。私の腹は弱い。その為、この日は、優しいグレードを登りたかったのだが、Kirillが昨日の私の登りを見て、7a (7ピッチ)のルートを勧めてきた。折角なので登ってみることにしたが、アプローチですでに体が重く胃が痛んだ。動悸、息切れが普通ではなかった。ただ、すぐに懸垂で降りれるルートだったので、とりあえず取付いた。登り始めると、体調のことは忘れてクライミングに集中していた。この日はトレーニングと聞いていたが、意外にハードなルートで「これはトレーニングなのか?」とKirillに尋ねると、「yes!!」とニコニコしていた。彼はかなり強いクライマーらしく余裕だったようだ。夕食後、まだお腹の調子が良くなかったので、すぐに寝ようとシュラフに入った。しかし、「もう寝るのか?」と同室のイラン人に起こされ、食後の紅茶とお菓子を勧められた。お腹の調子が悪いから少しでいいと言ったのだが、もっと食べた方がいいと大量のナッツと果実をくれた。完全に彼らの勢いに負けてしまった。きっと1人で来ていた私を気にかけてくれたのだろう。だが、腹痛の腹にナッツはすごいパンチ力である。

ナッツありがとう!でも、お腹痛かった。

 

次回、アジア選手権へと続く!!

羊のブブちゃんナナちゃん

田舎の山奥でヤギを飼い出す人が増えるのはなぜか。

日本の狼が絶滅してしまったからではないだろうか。

平和なような複雑な案件である。

そんな私も何年か前羊を2頭飼っており、名前は「ブブちゃん」と「ナナちゃん」といいます。

①基本的に羊は群れで行動し、ヤギはさほど群れではない らしい。

②羊は穏やかで、ヤギはアクティブ らしい。

③羊は毛がかれるがヤギはかれない。

④ヤギの場合ミルクを出すから頑張ればチーズが作れる!けど、種付けとかしなければならない。

⑤両者とも草を食べる。

上記を考慮した結果、羊を選ぶことにした。

1のとおり、群れなので仔羊1っぴきだと寂しがるからという理由で2頭がきたのでした。

たまに脱走して、50Mほど離れた畑の脇の草を二頭で食べてたりした。

裏の水路にブブちゃんが落ちたときは、パニクったブブちゃんを救出するのに業務を止めて、スタッフ総出で救出したのであった。今思うと本当に楽しい会社だったな。今は別の道を歩くことになったあの頃のスタッフのみんなも少しは懐かしく思い出してくれてるだろうか。また一緒にチームとして動くことができたら今度はもっと楽しいことをしたいと思う。

____

ナナちゃんは活発な妹タイプで、ブブちゃんはお姉さんタイプであった為脱走した際は、ブブちゃんだけ繋いで引っ張ってくれば、ナナちゃんはブブちゃんの後ろをついてちゃんと帰ってくるのでした。子供達がバスケをすればボールと一緒に跳ねて飛んで見せ、追いかけたりと楽しそうだった。

飼ってみるまでは、羊なんぞと家畜としてしか見てなかったが

犬猫と一つも変わることはない。

・・本物の羊飼いは、

自分の羊や羊を守る犬が狼に襲われたとしても、狼を憎むことをせず

存在を認めあい生活するのだそうだ。

たまに一人山へ行き焚き火をして夜を過ごし、狼もそれを遠くから確認する、程よい距離を保ちつつも互いの存在を確認するのである。自然と寄り添い生きるとは哲学が必要なわけですな。

ちなみにナナちゃんは脱腸で、いつも腹巻をしてました。

 

昨日近所のラドン温泉に大衆演劇を観に行きました。

素晴らしきエンターテーメント!

今月末の三峰組最終公演は座長が戻ってくるから必見である。

ん〜ん行きたい!!

 

 

 

 

 

 

 

 

屋久島 豪雨の記録 7 {ツアー出発}

「おはようございます!」

朝一にお客様と顔を合わせる時、なかなかこうして言語化する事は無いのだが見ている部分はある。

遅刻してこないか、遅刻したとしても急いでくるか否か、どんな格好で来るか{雨具を着て来るか靴ひもを締めているかトレッキングポールをブラつかせていないか等}、そこで登山という行為に対する慣れや覚悟がどうしても見えてくる。

ただでさえ「健脚向け」とされるコースだ。天気という条件が悪い日に行くのにそうでなくとも帰って来れるか不安のある人をお連れする訳にはいかない。
100円均一のビニール雨具なんかを持ってきた人には「本来は準備不足としてお断り{ツアー代返金無し}のところですが、今日は天候による中止{返金あり}という事にしますから」と諭して諦めて貰う。{まぁ、そういう人こそが分かっていないからこそ諦める事が中々難しいのだけども。}

この日のお客様は一目見て「あぁ、行けるな」と思わされた。約束の時間7分前位だったが全員揃って全ての準備がリュックにまとまりホテルのロビーに腰掛けていた。

「昨日の予報ではとても行ける感じでは無かったのですが、今現在予報は完全に外れています。雨雲レーダー予報も・・{見せながら}分かっている限りでは警報クラスの天気にはならなさそうです。」

「ただ、予報よりも悪くなることも多いです。少なくとも今日は一日雨の中の行動になります。お気楽に楽しむための日になるとは思わないで、自衛隊の演習に参加するぐらいのつもりでいてください。やめておくならば、天候による中止として今日のガイド代に関しては返金できますが、如何でしょうか?」

言葉のニュアンスに、決してその選択肢も悪いものでは無い、むしろ楽しむ為に来た筈なのだからその方が自然なのでは?という気持ちも乗せて提案する。
しかし誰も迷った様子は見せなかった。

こうなったらもう覚悟を決めるしかない。

・・また前提の説明になるが、私は旅行会社を経由してツアーに申し込んだお客様を主にご案内する仕事をしている。ツアー代は旅行会社→所属会社→私という順に入り、お客様への返金も旅行会社からお客様へと行われる。
ツアー中止となれば 旅行会社/所属会社/私自身の皆が、ツアー代に関して いわば{くたびれもうけ}となるのだが、その判断は現地ガイドである私個人に委ねられている。
お客様の状態・天気その他の状況はその時/その場にいなければ分からないのだから当然の事なのだが、例えばトムラウシの遭難を引き起こしたアミューズトラベルなんかはその権限が現場にほぼ無かったと聞く。私の場合はそれにあたらない事はご理解頂きたい。

車に乗って、お客様と安房へ移動する。

この時 車の窓越しの景色に感じた悪い予感が、一つだけあった。

安房川の水位が高かった。

「うーん・・大丈夫かなぁ・・」

この二週間ほど前から、この安房川の岸に家族で遊ぶための私有カヌーを二艇置きっぱなしにしていて、{梅雨が来る前には引き上げないと}と思いながらも中々できないでいたもので、だからこそ川の水位に注意が行き、同時に「だから自分は過敏なのではないか」という疑いがそれをかき消した。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

気象庁の記録によるとこの時点では前日からの雷と強風の注意報が継続していたが、問題の大雨/洪水注意報は出ていない。

あの「悪い予感」という無形の念を補完しツアー中止に持って行く要素は今振り返ってもやはり見つからない。

バスに乗り換え登山口へと向かったのだった。