イチゴ農家でアルバイト

お世話になってるイチゴ農家さんからお手伝いの要請があり、またお手伝いしてきました。

農家1年目の者にとっては取り急ぎの収入となるバイトはありがたい話です。

まずはビニールハウスのビニールを張り替える為に古いビニールの撤去をします。

 

<ビニールハウスの屋根の上から>

連棟と呼ばれる何棟かのビニールハウスが繋がっているタイプのビニールハウスは屋根に登らないと作業できません、高さ3m近い屋根の上に乗ると慣れない俺は足がすくむwww

ビニールがある分には下が見えにくいので何ともないんだけどビニール撤去しちゃうと下が見えるもんで怖いったらありゃしない。

 

<謎の機械>

この機械、何だか分かりますか?最近のイチゴ栽培って地面に植えないんですよ。イチゴ狩りなんかで見たことあるかも知れませんが「高設栽培」って言って胸ぐらいの高さに長いプランターみたいな物を設置して栽培するのです。

 

<高設栽培の様子>

こんな感じですね。

それで先ほどの機械なんですが、このプランターの土を耕すミニ耕運機なんです。

 

<設置の様子>

こうやってプランターに乗せてプランターの縁をレールの様に使って進んでいきます。自走式ではないので両側に人が立って押していきます。ただ土が硬いと「ダッシング」と言って耕運機の爪が土に負けてしまうと高速で回転する爪がタイヤよろしく前に進んでしまうのです。それがいつ起きるか分からないので油断がならんのです。耕運機を押し進めつつ飛び出さないように押さえながら進みます。それも胸の高さで耕運するから土埃がハンパないって!エンジンが顔の高さにあるので1日作業をしてると耳鳴りが酷い。なんだかんだで4000m耕しましたよ。いやー頑張った。

来週はイチゴの苗の定植に呼ばれるかもしれません。

まさや
熊本地震の災害ボランティアで熊本に来てから移住して農業しています。 自由でoutdoorな仕事である農業の素晴らしさを伝えられたらと思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。