国産の落花生

NO IMAGE

世間に出回っている落花生の殆どが中国産であることは皆さんもご存知だと思います。国産の割合は実に1割程度ではないでしょうか。千葉県などが有名な産地でお値段も結構しますよね。

実は村の特産品である唐芋なんですが、唐芋と落花生は相性が良くて唐芋を毎年同じ畑で栽培していると畑の具合が悪くなってきて良い芋がとれなくなります、そこで1年間は落花生を栽培すると畑の具合が良くなるので村では落花生の栽培風景も見られるのです。

そんな訳で今週は落花生の収穫のお手伝いに行って参りました。

 

<掘り出された落花生>

作業としては予め掘り出されている落花生を回収します。この状態ではまだ落花生の実が繋がっている状態です。

<一輪車で回収>

畑の中を一輪車で落花生を回収します。それを1箇所に集めてトラクターの後ろに付けた脱穀機のような機会に入れると落花生だけを取り出す事ができます。

<落花生の実を取り出している様子>

だいたい2000㎡の畑で軽トラック2台分の落花生が収穫できました。

これを炒ったりして袋詰めして直売所に販売します。お婆ちゃんの冬の間のお仕事になる訳です。

落花生なら重たい物を持たなくても良いし値段も良いですからね。

 

2 いいね!
読み込み中...