屋久島 豪雨の記録 7 {ツアー出発}

屋久島 豪雨の記録 7 {ツアー出発}

5月18日朝。

登山口にはガイド仲間や登山者が多くおり、自分を含め雨を覚悟して新しい雨具を下ろした者が複数名、一緒に写真を撮ったり和気あいあいとお客様の準備を待った。
雨も大した事は無く、普通に、さほど珍しくは無い雨の登山の一日の始まりだった。

6時半ごろ荒川登山口を出発。10分も進んだ所で、先輩ガイドO氏が引き返してきた。

 

この人は大体他の人がツアー施行する日でもうまくお客様を説得してすぐにツアーを中止する。大事をとっているというより根本雨が嫌いな人なもので、この時も正直「ここまで来てやめるならホテルでやめろよ・・」と思ったのが正直なところだった。
引き返し地点の「水ポタ」では確かに既に「ポタ」ではなく「ボタ」も「ダボ」も通り過ぎて「ザバザバ」と、重みをもって水が降っていたが、傘を低く持ち頭で支えて通過。
朝一から「自衛隊の演習」を覚悟させて出発したお客様だ。今思い返せば だからこそ踵を返す選択肢はなかった。お客様の「覚悟」つまり「意思」を問う という行為はある意味主導権の一部を明け渡してしまっていたのかもしれない。

恐らくO氏はその日が厳しい気象となる事等はさほど言わずホテルを出、登山口出発後その場の条件を見て「帰りましょう」といい 登山慣れした感じの無い50代くらいのご夫婦二人のお客様はタクシー代を支払い下山した。
そのやり方は今回結果的に正しかった訳だ。まぁ、そんな風にツアーを催行して「こんな雨の日に行ってまで金が欲しかったのか!!」とお客様に罵倒された経験談を聞いた事もあるので今後そうするかと聞かれるとやはりそうは思えないのだが。

登山道上はなかなかの増水をしていた。

覚悟を持っているような事を言ったお客様もここまでの覚悟は無かったかもな、とは早速ちょっと思った。

登山道のこのエリアは左右二本の線路内に先シーズンから敷板が張られ、こういう雨の時にモロに川の状態となった所を歩く機会はぐんと減ったし、同じ水量でも足がつかる深さはかなり浅くなった。とはいえ朝からここまで水量が出た中を歩くのはそうはないレベルだった。

こんな雨が降る様な雨雲はレーダーで映ってなかったと思うけど・・まぁここまで増水させる程の雨と言っても{台風が直撃でもしてない限り}経験則では大体数十分~1時間、長く続いて最大三時間といったところで今だけの事。そう思っていたら、実際8時前くらいからは大した雨ではなくなった記憶がある。

ただ、また再度雨が降り始めたのは昼過ぎからだったろうか。
その降り様、もとい降り続け様は徐々に自分の経験則から離れていった。

 

3 いいね!
読み込み中...