7割、8割がた妄想ではありますが、素敵な一週間だったな。というおはなし

7割、8割がた妄想ではありますが、素敵な一週間だったな。というおはなし

今の私たちはスイスとどうやらご縁があります、

先週もまたスイスから私たちを訪ねて来てくれた。

ウルスラとレナ

ヨーロッパの人は人生を大切にしているなと。

自分の人生を、しっかりと自分のものとして大切にしていらっしゃる。

私なんかは、人生の半分を自分らしく生きることに罪悪感を感じながら生きてしまったのかもしれない。

そういう方は多いのではないだろうか。

・・暖かい日差しの中洗濯物をたくさん干して

カラっからになったらその匂いを嗅ぎながら片付けたい。日向ぼっこをした猫のあたまみたいに

太陽のにおいは幸福な気持ちにしてくれる。そして遠くから来た友達を家にお招きして

タープの下かなんかで畑の野菜やハーブで作ったサンドウィッチを食べたい。

鹿肉をローストして挟んで。

遠くから来た友達がもしかしたら美味しいチーズとサラミを持って来てくれる。そしたらワインも用意すれば完璧だ。

食後にチョコレートとコーヒーを飲んで昼寝をしたい。

そしたら、洗濯物すっかり乾いて太陽の香りがするに違いない。

夜はどうしようか。

少し歩いて料理の美味しいお店に行こう。

少しだけお酒を飲みながら、お互いの近況を話したり。

ほろ酔いで月を見ながら歩いて帰ったら、キャンドルを灯して

自分で採った蜂蜜を少し入れたホットミルクでも飲みながら

友人の話に耳を傾けよう。話すより聞く方がよい。

・・・youtubeでカフェミュージックを流しながらブログを書いていたら

ありもしないことを書いてしまいました。

・・・昨日こんな夢を見た。

自分が結婚する夢。でも相手がいないのだ。相手がいない一人の結婚式を

開くというなんの意味があるのかわからないその夢に

百恵ちゃんが出て来て私の結婚を祝福してくれました。

そして、私のために歌を歌ってくれるといことで

百恵ちゃんファミリーと一緒にカラオケに行くという夢でした。

カラオケボックスの手前におしゃれなおばあさんが

営むパステルカラーの美容室がある。

このパステルカラーの美容室には以前も来たことがあるのだ。

もちろん夢の中で。

そのパステルカラーのお店の中をぐるぐるしてたら

カラオケボックスの入り口にいる百恵ちゃんファミリーに

早くおいでーっと呼ばれたところで夢は終了したのでした。

私の潜在意識は一体顕在意識の私に何を申したいのでしょう。

百恵ちゃん綺麗だったな。

またくだらないことを書いてしまったかもしれない。

アウトドアの概念とはかけ離れていると言わざる得ないが

それは人間の勝手なるアウトドアに対する定義には到底当てはまるものではない。

しかし私の脳内はこのようにアグレッシブaggressiveでとても開放的だということが

言えるのではないでしょうか。これはまさに脳内アウトドアとはなりませんでしょうか。

・・本当にくだらないな。

 

写真は先日遊びに来てくれたスイスの友人といった

阿弥陀ヶ滝での一コマ。

ウルスラ綺麗だったな。女優みたいな美しい顔立ちで

とても品があってきっと育ちがいいに違いない。

貴族出身かなんかじゃないかな(勝手な妄想)

スラーっとして品があって、美しくておまけに弁護士なのだ。

まるで映画の中のような二人だった。

今度はどんな素敵な人が遊びに来てくれるかな。

楽しみにしよう。

 

 

 

 

 

5 いいね!
読み込み中...