じいちゃんと旅へ

じいちゃんと旅へ

先週は親戚一同(?)で熱海へ行ってきた。(母はねこがいるためお留守番)

旅行メンバー(叔父、叔母、いとこ、じいちゃん、私)のうち、私とじいちゃん(84歳、耳の聞こえがかなり悪め)のみが現在郡上に住んでいるため、必然的に集合場所の名古屋まで二人で向かうことになった。
もちろん運転担当は私。

朝わりと早くに出発しないといけなかったので、
前の晩はじいちゃんちに泊めてもらった。

朝起きて、着替えやらなんやらかんやらが済んだ頃にじいちゃんが起きてきた。
じいちゃんは、じじいなのに遅起きなのだ。

朝食の準備をしてくれていたばあちゃんがコーヒーをすすめてくれた。
しかし運転中にトイレに行きたくなるのは困るので断った。
じいちゃんはコーヒーに強いのか、それとも何も考えていないのか、コーヒーを飲んでいた。

朝7時、じいちゃんちを出発する。
道中じいちゃんは、「あれがなんとか山やぞ〜」やら、
「昔はあの道なかったんやぞ〜」やら、
「昔、木材運ぶ車の後ろ乗せてもらって、名古屋に行った」やら色々話してくれた。
こちらも色々話を振るが、じいちゃんは耳が悪いので全く聞こえていないようだった。
しまいには、「話す人の滑舌が悪いと聞こえん」と私のせいにされた。

途中でじいちゃんがトイレ行きたいというので
サービスエリアに寄ったりして、
なんとか名古屋の近くまでたどり着いた。
そんな時、ナビが言った。
「通行止めがあるので、迂回路をご案内します。」
そうか、わかった。予定より到着時間が少し遅くなるがまあ大丈夫だ。

ナビが言うまま高速道路を進む。よくわからんままナビに従う。
じいちゃんがでかい声でなんやらかんやら話し出しだす。
じいちゃん、やめてくれ。ナビが何言ってるのか聞こえない。

案の定、出口を間違える。
ナビがなぜか分岐でどっちにいけばいいのかおしえてくれなかったからだ。
一番ナビしてほしい時に助けてくれないとは何事だ。
状況を理解し出したじいちゃんが隣で
あーだこーだでかい声で話し出す。

なんだか名古屋空港の近くらしい。
しかもかなり渋滞している。
う〜〜んやばい。集合時間に間に合わない。。
でも仕方がないので進むしかない。

渋滞に巻き込まれ30分が過ぎた頃じいちゃんがポツリと言った。
「トイレ行きたい」
まじかぁ〜。まじで言っているのか。
朝コーヒー飲んじゃったからじゃん絶対。
しかしまだまだ渋滞は解消しそうにない。

「どっかトイレで寄る?」と聞いたが、
「たぶん大丈夫」と言ったので、もう少し我慢してもらうことにする。
「たぶん大丈夫」が「大丈夫じゃない」に変わる前に到着したい。

それからまた30分ほどかかって、ようやく集合場所に着いた。
結局集合時間より1時間も遅くなった。
皆さん、本当に申し訳ない。。
じいちゃんは、スタコラと近くのイオンのトイレへ消えていった。

熱海の旅は楽しかった。
いとこが運転中に車をぶつけてしまうハプニングもあったが、

トリックアートを見に行ったり
シャボテン公園に行ったり
なんやらかんやら美味しいものまでご馳走になってしまった。
お宿では毎年恒例の西村家ピンポン対決も白熱してしまった。

帰り際、じいちゃんが
「おじーももう84やで来年はもういけんわぁ」と言っていたが、
きっと来年も参加であろう。
去年も同じことを言っていた気がする。
なんなら今日畑に向かう途中で、自転車盛り漕ぎしていた。
元気である。

4E2FA2D9-70C9-473D-ACAE-53A67452AAF1

帰ってきてからは友達とバスケをしたり
例のマラソンの練習に付き合ったり
スイスからお客さんが来たり
なかなか忙しい1週間でありました。
また、最後の一匹だけず〜〜〜っと幼虫だった蚕が(愛着が湧いて、めめちゃんという名前をつけて呼んでいた)旅行に行っているうちに繭になっていた。

あと、今週末の「いびがわマラソン2019」に出場することとなりました。
出場予定だった人が出れなくなり、チケットが余ってるから〜お金は払ってあるから〜〜!!とのことで、
エイドステーションでジビエが出るとの情報が決め手になり出場を決めた。
初めてのフルマラソン、ろくに練習もせず、レース4日前に出場を決めてしまう人は他にいるのだろうか。

・怪我しない
・無理しない
・あわよくば完走

をモットーに頑張ります!

つづく

 

7 いいね!
読み込み中...