贅沢な晩秋の京都より。白沙村荘の夕

贅沢な晩秋の京都より。白沙村荘の夕

贅沢な週末だった。

しかし、最悪の体調であった。

友人の渥美くんが、京都の白沙村荘でLiveをやるというので

先週末電車に揺られ行ってきました。

このところやること満載にもかかわらず、Macをカテリーナにアップデートしてしまったために、わたしのイラレとフォトショが使えなくなり。。

ボブにダウングレードしてもらったおかげで復活できたからよかったものの、ボブがいなかったら、、と思うとボブのいる静岡方面には足を向けて寝られない。

そこへきて、師走にはいりクリスマス、お歳暮のためのラッピングやら写真撮影やらとすっかり肩が凝ってしまって、京都行きの2日前の取引先回りの車中でなんと4回も吐いてしまいましてありちゃんにめいわくがられまして。荷物がいっぱいで大変だから1人で行ってもらうのは申し訳ないと頑張ったのが逆に迷惑行為となり、車の中で嗚咽しながら反省した。こういうときは、頑張らず行かないほうがいいのです。わかいもんにまかせましょう。

—渥美くんはギタリストで、邦楽を世界に発信すべく取り組んでおられる。その取り組みのセカンドCD先行発売も兼ねたライブであった。

その名も、邦楽2.0  研究会京都vol.2 にっぽんのおと

なんと、宮川町の現役芸妓さんがゲストで登場し、上方端唄をご披露くださった。

渥美くんには借りがあったこともあり、遠路遥々京都までやってきましたがおもいがけぬ贅沢な師走の忙しい自分へのご褒美となった。

ありがとう、渥美くん。今年のお盆、徹夜踊りに遥々やってきたのに、郡上踊りに行ったら会いましょうね!とメッセージもらってたのに、もう寝るのでまた来年!と言ったのに、一昨年は、次の日仕事だからと途中であったわたしの兄について行きなさい!と渥美くんを夜中の3時に1人残しさっさと帰ってしまった薄情なわたしにこんな素敵な夜をありがとう。

というか、すごい人だったのね渥美くん。

邦楽2.0とシシ七十二候は目指す場所が同じのようなので、いずれコラボするであろうと思われます。

近所の銀閣寺の秋色も美しかったわ。

 

7 いいね!
読み込み中...