大事なことを忘れていた その⑤

大事なことを忘れていた その⑤

前回は記念すべきのぐそ第1回目の話を書いた。
その後、1週間に一度、近所の林へ行き、のぐそを続けた。
糞土師・伊沢さんはこれを毎日、続けるわけだが、
当時、独身かつ8:15が出勤時間であったわたしは
ひとまず休みの日にやってみる、という方法を採った

前回書いた“のぐその仕方”に書いていなかったことがある。
それは、行ったのぐそ跡にそれをした年月日を書いた
割り箸を刺しておく、というものだ。
こうしておけば、そののぐそをいつしたのかが後になっても分かり、
その「行方」(土のなかのウンコがどうなったのか)を確認できるのだ
これを糞土師・伊沢さんは“掘り返し調査”と名付けたが、
掘り返し調査をすることで、のぐその世界がグッと深まることは
著書『くう・ねる・のぐそ』(山と渓谷社刊)にもたいへん詳しい

↑2014年4月2日に行ったものを4月15日に掘り返してみたのだが、なんと跡形
もなくなくなっており、代わりにぽっかりと穴が。どうもモグラが気づいて食べ
てしまったようである。まあ、これはこれでいいのだが、なんとなくくやしい思
いもしたものだ。

さて、ではわたしの掘り返し調査はどうだったか
ほんとうにウンコは土に還るのか?
還るのであればどのようにして?
そして何日ぐらいで?
そのドキドキワクワクするような結果は
また次回!

※ちなみにこのあたりからの写真はもろにブツが映っており、
アップするかどうかたいへんに迷う。映っていたほうがやはり
真に迫っており、より伝わりやすいとは思うのだが・・。
次回はアップしちゃおうかなああ・・・

 

5 いいね!
読み込み中...