耕耘機とミスト機を修理します

耕耘機とミスト機を修理します

周りの方々のお力添えもあって農機具を安く譲ってもらったりタダで譲ってもらったりして農業させてもらっています。

こちらは借りている納屋に放置されていた耕耘機、トラクターもあるのでそっちで耕耘する事もできるのですがビニールハウスの中とかチョコっと耕したい時にはこいつを軽トラに積み込んでパパッと仕事できちゃうからね。

トラクターだと畑まで15キロくらいのスピードでノロノロと走らせて行かないとならないから手軽じゃないので使い用によってはこちらが便利だったりする訳。

で、もちろん放置されていた農機具ですからエンジンなんてかかる訳がない、プラグの点火を確認したらエアクリーナーを掃除してキャブレターを分解して掃除、古い耕耘機なので整備性が悪いこと…あっちをバラしてコッチをバラしてやっとこキャブレターまでたどり着いて分解すると中身がドロドロ、清掃してスッキリしたところで組み付けてガソリンを入れて試運転!と思ったところで燃料タンクから燃料漏れを発見、こいつは危ない。燃料パイプとの繋ぎ目だったのでシールテープを巻いて応急処置。

さぁ、改めて試運転すると無事にエンジン始動!嬉しい瞬間ですよ。

エンジンオイルとギヤオイルを交換して全体的に掃除してあげて完了!野菜クズなんかを畑に鋤き込んで堆肥化させる為にチョコチョコ活躍してくれています。

 

続いてこちらはミスト機、上の白い部分に薬剤を入れてエンジンの力で右のパイプから散布する機械。エンジンがかからないからって頂いた機械です。

こちらも同様にプラグの点火確認、エアクリーナーの清掃、キャブレターの掃除、しかしエンジンがかからない。ムムム、腕がパンパンになる程スターターを引っ張ってもかからない。なんだろうなぁって燃料パイプを見ると気泡が入っていてスターターを引っ張っても気泡が動かない。んーこりゃ燃料行ってねぇか?

燃料フィルターを取り出して見てみるとフィルターが溶けてベトベトのガム状になっていたので試しに取り除いた状態。これでエンジンを始動してみると無事にエンジン始動!やったぜ!

新しいフィルターとついでに燃料パイプも交換して約1000円の費用で使えるようになりました。

まだ手広くやっていないので時間はあるからコツコツやっていこうと思います。

 

1 いいね!
読み込み中...