庭のふきのとう

庭のふきのとう

去年の5月に引っ越してきたこの郡上八幡の家で、初めての春を迎えました。

そして少し前の、2月の末。庭を見たら、春の風物詩、ふきのとうが生えていた。

 

せっかく生えているのだから、これは採って食べるしかない。

早速収穫したその日のうちに、天ぷらにして食べた。

春の味は、美味しかったけれど、その晩激しく胃がもたれた。

 

 

それから約1ヶ月経って、先日。

ふと庭を見たら、1ヶ月前に採り損ねたのであろう、ふきのとうが立派に花を咲かせていた。

あれ、ふきのとうってこんなゴツイ花だったっけ?と思い調べたら、

ふきのとうにはオスとメスがあって、これはオスだったらしい。

そしてこちらは庭にいたふきのとう(女子)。

男子は黄色くて、女子は白くてホワホワ〜だ。

詳しくは知らないが、ネット情報によるとメスの方が美味しい?とのこと。

来年も天ぷらにして食べ比べてみよう。

これからは、たけのこ・うど・わらびなどなど

たくさんの春の山菜が食べれるんだなあと思うと楽しみです。

うどの酢味噌和えが特に楽しみ。

 

 

2 いいね!
読み込み中...