トランゴの加水分解

トランゴの加水分解

加水分解。

ポリウレタンだかEVAだかが水を吸ってボロボロとかバキバキだかベトベトとかしてきて製品として終わる奴です。湿気た日本では本当によく起きるので、そういった素材の物には根本 時限爆弾が仕掛けられてると思ってさっさと使い終わるのが良いのでしょう。

登山やってるとやたらと付き合わされます。

シリコンコーティングされたザックの中が日焼け跡みたいにボロボロ剥けて来たり。
テントの中がベトベトしてシームテープが剥がれて来たり。
あ、雨具もテープ剥がれるね。{メーカーによってはポケットがテープ張りで作られててポケットそのものが剥がれ落ちたりね}
そうG-shock、時計のウレタンバンドとか、時計そのものを覆ってるゴムっぽい素材の部分。バキバキに割れて、流行った当時のフロッグマンが懐中時計みたいになってるし。
G-shockもバスケットシューズも、コレクションしてた連中 最後は空しいお別れを沢山してきたろうにと思う。

そう 登山で困るのは靴。よく壊れる。
自分が主にガイドしている縄文杉なんて言うのは20年前に買った靴を引っ張り出してきて登山に挑む人が多いので、遭う頻度は比較的多いのだろうと考えられる。{使わずしまい込んでおくとより分解しやすくなるのだそうな。}

パターンとしては
〇ソール部分のみがベロリと剥がれるナイキとか5.10とか{接着剤が分解する}
〇ショック吸収の為ソールの上に付けられた発泡ウレタン??固いスポンジっぽい部分がボロボロになって汚いゴミを散らしながら崩れ散る、G.T.ホーキンスとかシリオとか。

メーカー名名指ししちゃったけどまぁ 大体どこの靴もそういった経年劣化でダメになる物なのだろうとは思う。

但し60歳位の人が「女学生の頃に買ったのを引っ張り出してきたの」なんて言って40年物を履いて来て、一日問題無く帰って行く靴はある。キャラバンスタンダード{トリコニー付き}だ。{ライトユーザー向けって本当これしかなかったんだろうな。&やっぱりウレタン入ってない分履き心地固い。}

さておき。
先日 「ちゃんとした登山靴」の最定番といえる靴、ラ・スポルティバの「トランゴ」の加水分解を初めて見た。
まぁ、定番になるだけ長い事売ってるモデルだから。もう十年以上前、日本で全国的な正規取り扱い始まった頃にはあったよね?{借りものなのでいつ買った物なのかはお客様にも分からずだった}
お客様と顔を合わせたら足元もチェック入れる訳だけど、この靴もそろそろ注意、なんだなぁ。

 

←この記事が気に入ったらいいね!してね。
読み込み中...
  • 前の記事
    平平たる

    平平たる 2020.03.25

  • 次の記事

    記事がありません