CATEGORY RIN

宮城県石巻市出身。子どもの頃から山・海など自然に触れる機会に恵まれ、気がつけば人混みより自然豊かな場所に居心地良さを感じるlifestyleに。今は里山の暮らしぶり&魅力にとりつかれ、宮城県の最南端にある丸森町を拠点とし、町の伝統産業を守る作り手たちとともに、養蚕・絹・織文化の再興に向けて探究中です。

RIN
  • 2019.06.28

つながり

outdoorを楽しむことは、 さまざまな出会いや、つながりの中で、 自分の五感や、Heartを育むための 生きていく手段のひとつなのかも。 なんてカッコつけるわけじゃないけど、 時にしみじみ思うこと […]

RIN
  • 2019.06.21

梅-ume

梅の季節。 可愛らしい実が 葉の合間から顔を見せてる。 さわやかなGreenから 熟していく 美しいグラデーションColor。 植物が創る自然美に 思わず微笑んでしまう。 枝を使って 繭綿と毛羽(けば […]

RIN
  • 2019.06.14

ここちよい自然素材

『丸森しるく』を いつも応援してくださる大学の先生+学生さんとともに 繭細工アトリエ兼しるく仲間の集まる拠点を 新しい空間にリノベしました。 しるく仲間も慣れない仕事ながら 一生懸命お手伝い。 壁材を […]

RIN
  • 2019.06.07

七夕神社周辺をめぐりはた織り体験

丸森町には「七夕」という 全国でも珍しく、 そしてロマンチックな地名を持つ場所があります。 そこには、地元住民により大切に守り継がれてきた 「七夕神社」があり、 七夕伝説に通じる伝統や言い伝えも残って […]

RIN
  • 2019.05.31

養蚕がはじまりました

今年も丸森の伝統産業「養蚕」がはじまりました。 お蚕さまの赤ちゃんが到着し、 各養蚕農家さんのもとへ。 各農家さんの作業場に設置された お蚕さまのベッドに丁寧に並べながら お蚕さまの様子をチェック。 […]

RIN
  • 2019.05.24

しるく和紙

丸森町は昔から紙漉きが盛んで、 「丸森和紙」として仙台藩に納めていた歴史があります。 明治の最盛期の頃には、150戸もの紙漉き業者がいたそうです。 和紙の原料となる楮(こうぞ)の生育に適し、 きれいな […]

RIN
  • 2019.05.17

自然との共存

米どころ宮城県の丸森町では、 今まさに田植え真っ最中。 田んぼの中で農作業に励む農家さんの姿は それはそれはカッコイイものです。 目の前に広がる美しい田園風景に 心から幸せだなぁ~と思う日々。 今は機 […]

RIN
  • 2019.05.10

自然から「色」いただく

豊かな自然からたくさんの恩恵を受ける日々。 まさに今の季節は、 山菜や筍などをいただいたり、 新緑の中を歩けば心身ともに満たされます。 さらに昔を振り返れば、 農家の女性たちは 自然に在る美しい「色」 […]